シングルマザーは貧困!?恋愛やセックスはすぐできる?出会い系でOK?

副編集長 出会田 ドン

副編集長 出会田 ドン

近年、シングルマザーの貧困問題はニュースなどでよく見かけます。

2009年には「母子加算」が話題になりました。

経済的に厳しいので、「すぐに手に入る、税金のかからない収入」は彼女たちにとって魅力的でしょう。

今回、この記事では「シングルマザーは出会い系で出会いやすいのか?」を調べてみました!

PCMAX

①シングルマザーの世帯は貧困?


※画像はイメージです。

ときどきニュースで「母子家庭の貧困」を見かけます。

今は「シングルマザー」というみたいですが、ではその実態はどのようなものなのでしょうか?

まず、母子家庭の平均年収は一般世帯の半分にも届きません。

平均年間収入が213万円(厚生労働相・平成18年度全国母子世帯等調査結果報告)というデータがあります。

しかし、現実にはこの数字には到底届いていない母子家庭が多く存在するそうです。

別れた元夫からの養育費なんてものもほとんど取れないのが現実です。

元夫も経済的に困窮しているとか、DV夫で連絡を取るのすら恐怖するという状態で、養育費などまったくあてにならないのは言うまでもありません。

慰謝料も同様です。

また、DV夫から必死で逃れ、離婚したくてもできないケースも多くあります。

収入について話しを戻しましょう。

純粋に「就労所得」をみると一般世帯の3分の1というデータがあります。

日本は、子供がいる一般世帯の平均年収は高いのですが、一人親世帯になると、途端に貧困率が跳ね上がります。

そして、ひとり親世帯の貧困率は5割を超えるというデータもあります。

もちろんですが、生活保護を受給している世帯もあります。

離婚の原因は「夫のDV」「精神的な虐待」「生活費を渡さない」などが多く挙げられます。

そして、酷なことに、日本ではなぜか「風俗で働くのもやむなし」という風潮があるのです。

シングルマザーになった理由の8割が「夫との離別 」であり、世間の目は「自己責任」「自らその生活を選んだ」とみなしがちです。

そして、その貧困が子供にも連鎖していきます。

子供への虐待、ネグレクト(育児放棄)も当然のようにそこにはあります。

さらには、驚くことに、「親子」で出会い系サイトを各々利用し、売春しているケースも珍しくはないようです。

以上のようなことがこの日本での身近な現状です。

シングルマザーの世帯が経済的にかなり厳しいのがお分かりいただけたましたでしょうか。

②仕事はなにしているの?シングルマザーが多い職種は?


※画像はイメージです。

シングルマザーが実際に就いている仕事のデータがあります。

1位が医療・介護系です。そして2位が接客・販売、3位に事務、そして教育・保育、製造・軽作業、営業、コールセンターと続きます。

厳しいことに、風俗や出会い系サイトで売春しているシングルマザーは山ほどいます。

もちろん彼女らは「経済的に苦境」であると共に、「どうしようもない寂しさ」も抱えています。

「元夫のDV」などから逃れてきた彼女らは想像以上に心に傷を負っています。

彼女たちは「生活保護」の受給を拒否します。

なぜでしょうか?

それは「差別」が怖いからです。

児童扶養手当は多くの母子世帯で受給されていますが、「生活保護」は母子世帯の実質9%しか受給していません。

彼女たちは「周囲の目」を異常なまでに気にします。

特に地方では地元からの差別を避けるためにパートの仕事と売春の収入で、外から見る限りでは破綻していない姿を装うことを選んでいるという現実があります。

また、出会い系で「売春」までするシングルマザーの多くは、最後のセフティーネットとなる分岐点があり、そこを選択できない人達が大半です。

それは「頼れる実家、頼れる親、親族の有無」です。

このセフティーネットがあれば、子供を預けてフルタイムで働くことも可能です。

これが無い人が、最終的な手段として「売春」を選ぶのです。

シングルマザーの売春は驚くほどあなたの身近にあるといことは想像に難くないでしょう。

③シングルマザーはすぐに恋愛、セックスできる?

※画像はイメージです。

少々つらい、厳しい現実を述べてきましたが、この日本のあちこちにおいて、上記のようなケースがかなりあるということは、みなさんすでにお気づきでしょう。

つまりシングルマザーの「売春」の供給量はかなりあります。

出会い系サイトなどでそれが供給され、男性の需要もそれなりにあります。

女性も「買ってくれる」ことを望んでいます。

なぜなら、経済的に困窮しているからです。

経済的に困窮しているのにはそれなりに理由があります。

「普通の仕事に就けない」、病気など(うつ病をわずらっていたり)もその一つです。

そして、彼女たちはとにかく今の自分の現状を「だれでもいいから聞いてほしい」のです。

相手がエッチをしたいだけの男でもいいのです。

(ある程度女性が許容できる男性になりますが・・・)

さらに、出会い系で売春をするシングルマザーには、ある「共通点」があると言います。

それは、「対人的距離感」です。

通常、対人的距離感には、配偶者、家族、ごく親しい人、他人などで「親しさによる区分け」があります。

関係性によって距離感が変わってくるのですが、出会い系のシングルマザーはこの「距離感」が、初対面で「親密な関係(家族や配偶者など)」の距離である傾向があるというのです。

「俺に気があるのかな?」とよく男性を勘違いさせるタイプの女性で、恋愛遍歴も豊富、しかし、女の集団の中では敬遠されがち。

もっと言うと、「女の集団には絶対に馴染めない」というタイプでもあります。

そして極度に寂しがり屋で典型的な「恋愛依存体質」。

また、「承認欲求」の強いタイプがいれば、「承認欲求」を含めたあらゆる欲望が欠落したタイプ、この2つに別れます。

後者のタイプは、「男に対する打算」がほぼありません。

貧困と寂しさから出会い系にアクセスして男性と行為に至りますが、実は性欲もそんなに強いわけではなく、お金にもそんなに執着がなく(経済的に困窮しているにも関わらず)、お金をもらえなかったとしても

「やり逃げされた!」

くらいにしか思わないタイプです。

さらに、子供への溺愛ぶり。

なんとなく「出会い系で売春するシングルマザー」の具体像が見えてきたでしょうか?

そして、彼女たちは、手元にあるスマホで、出会い系サイトを使い「売春」をし始めるのです。

④シングルマザーに合うために出会い系の利用はどう?

※画像はイメージです。

かつて、シングルマザーの売春の方法は、時代を遡ると「テレクラ」「伝言ダイヤル」「ダイヤルQ2」などでした。

そして、現在は「出会い系サイト」になります。

「出会い系サイト」も時代を遡ると、かつてはAOLやYAHOOなどの大手ポータルサイトが公式運営したもの、PHSを含む携帯電話会社が公式運営するものがありました。

それに加えて、独立系のサイト(PC専用・携帯専用・併用型)などが現われました。

そこでシングルマザーは経済的な困窮から、「売春」に走ります。

また、個人売春をするシングルマザーにはこういった驚きのデータがあります。

「もともと風俗産業には一度も就業したことがない」

こういうシングルマザーが約87%にものぼるというのです。

ここで、ひとつ疑問が出てくると思います。

「風俗店で働いた方が、個人売春よりも安全なのではないか?」

しかし、実は「風俗店」に所属するのは不都合な点がいくつかあります。

それは「シングルマザー」であるが故のことです・

それは、

・ホームページに写真が載る(顔にボカシ処理をできるが、指名が減ってしまう、誰かに見られるかもという不安がある)

・デリヘルだと派遣先の選択ができない(自分の地元や子供の行動範囲になってしまうリスクがある)

・顔、体型(残酷ではあるが・・・。)

・最低保証がない(客が1本もつかなくても入る日当)

・不景気で風俗業界の女の子のレベルが上がっている

・不景気で供給過多(在籍している女性があまる)

などです。

そういった理由があり、「個人売春」を選ばざるを得ないのです。

また、女性には「寂しい」という拭い切れない感情があります。

それも理由のひとつです。

この「寂しい」という感情は恐らく我々男性陣には理解できないかもしれません。

そこには、「シングルマザー」には、想像を絶する「寂しさ」があると言われています。

さらに、出会い系サイトで「売春」しているシングルマザー本人は「売春」しているという自覚をあまりもっていないケースが多いのです。

どちらかというと、「出会い系で逢った男性からお金を援助してもらった。お礼にセックスをした。」という感覚です。

彼女らは出会い系で逢った男性を、あまり「客」と認識しないのです。

「恋愛の延長線上」という感覚すらあります。

彼女らが本当に求めているのは「収入」ではなく、「救い」なのかもしれません。

⑤シングルマザーがたくさんいる出会い系アプリはどこ?

※画像はイメージです。

まず、出会い系を利用しているシングルマザーの売春が「個人売春」か「援デリ」なのかについてです。

ここで、「援デリ」について少し説明しますと、「援デリ」とは、2000年代中盤に首都圏の歓楽街を中心に強化された店舗型風俗点の規制・浄化作戦のあおりを受けて発生しました。

出会い系サイトを活用した裏(違法)の風俗業者のことです。

出会い系サイトで男性とアポをとり、待ち合わせ場所に女性を派遣します。

また、「援デリ」の業者が活発な地域は、「売春インフラ」が整っているため、ピンの売春女性の活動エリアとも重なります。

つまり、個人の「シングルマザー」の売春もあります。

「援デリ」へ所属することのメリットはなんでしょうか?

それは、

①個人で頻繁に売春していると、暴力団に目をつけられる(みかじめをとられる)可能性があるので、それは援デリの組織がまとめて払う

②個人で売春していると、個人の設定価格が安かったりした場合、風俗業者が客を装い圧力をかけてくる(業界には暗黙の価格帯がある)

③交通費が浮く

④自分の携帯を使わなくて良い(変な客とトラブルになったときなど)

⑤個人よりも組織的なほうが、稼ぎが良い

などです。

本当に個人で売春をしている「シングルマザー」に出会いたいのであれば、特に②の理由から、「業者がほとんどいない不便な地域」が確率が高いのはお分かりいただけると思います。

ただし、業者がいない地域ゆえ、価格は女性の言い値になります。

それは良心的な価格がほとんどでしょうが、ときには高額なこともあります。

上でも述べましたが、シングルマザーは「生活保護」の受給を受けません。

それは(特に地方だと)差別の対象になるからです。

差別の対象になることを非常に恐れています。

彼女らが本音で求めているのは、「受給していることが他人にいっさい知られない匿名性に守られた現金給付というスタイルの福祉」です。

そこは我々男性陣の腕の見せどころでしょう。

また、これも上で述べましたが、シングルマザーの彼女たちには「売春」をしている感覚があまりないのです。

どちらかというと「恋愛の延長線上」という感覚です。

彼女らは驚くほど「寂しさ」にとらわれています。

太っていたり、いわゆるブス(あまり使いたくない言葉ですが)であっても出会い系を利用する男性には、一定数そういった女性の需要があります。

一般的にはモテなくても、出会い系であればモテるのです。

確かに、セックスだけの関係かもしれませんが、どうしようもない「寂しさ」を埋めるのはそういった男性の存在です。

すぐに返事が来る出会い系、売春のツールとして使われる「今すぐ系」で、シングルマザーの年齢層が多い出会い系サイトは、副編集長 出会田 ドンのおすすめとしては「PCMAX」です。

ほかの出会い系さいと「ワクワクメール」や「ハッピーメール 」でも良いのですが、最近は年齢層を若年層に移行させているとのことです。

ですので、シングルマザーの世代が一番多く利用している出会い系サイトは「PCMAX」になります。

「いまの私には、私の素性もなにもかも知らない人が楽。否定されたくないのもあるのかな・・・。私を知れば知るほど、きっとみんな否定する。恋愛も本気は怖いよ、まだ。だから私は出会い系の楽で便利な出逢いに依存してるんだな・・・。」

「結局男も、最終的にセックスしたいからかもしれないけど、逢えば話を聞いてくれるからね。子供のこととか。身近な人だったり失いたくない人だったら逆に話せないことが、出会い系で逢った男になら話せるというのもありますよ。もしかしたら二度と逢わない人だから。」

「でも、身近な人には話せないことを話して、もしかして全部包容力でカバーしてくれるような男がいるかもって気持ちもある。それが私が出会い系にかける期待かな・・・。」

これは、出会い系を利用しているあるシングルマザーである女性の感想です。(全て同一人の感想です。)

もはや、彼女たちは「お金」や「出会い」自体よりも、「出会い系サイト」そのものに依存しているのかもしれません・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

出会い系サイトPCMAXを実際に使ってみた!本当に出会える?ヤレる?〜パート2〜

出会い系アプリの料金やメッセージのやりとりのコツなど解説するよ!

出会い系で人妻をナンパ!PCMAXやハッピーメール ってどう?どのサイトがいいの...

人妻ナンパするならどうする?エロ漫画のようにセックスしたい!?

出会い系サイトPCMAXを実際に使ってみた!本当に出会える?ヤレる?